クラシカルホメオパシーとは

ホーム > クラシカルホメオパシーとは > クラシカルホメオパシー概要

クラシカルホメオパシー概要

クラシカルホメオパシーとは、今から200年ほど前にドイツ人の医師サミュエル・ハーネマンによって体系化された自然療法で、人間が本来持っている治癒力を活性化させることによって心身の病気を癒し、人間を真の健康へと導くことのできる補完療法です。

クラシカルホメオパシーは、確固たる理論と科学的手法に基づいた「癒しのシステム」です。他のあらゆる療法が効果をあげることができなかった多くの症例において確かな効果を実証し続けているため、現在、世界中に最も広まり、最も成果を上げている補完療法の一つとして認知され、世界各国の政府が国民の健康向上のためにクラシカルホメオパシーを導入し始めています。

クラシカルホメオパシーは「人間は身体・感情・精神から成っており一個の完結した存在である」というホリスティック療法の基本的な考え方に基づいており、「病気」ではなく「人」をみていきます。本来人間には、自らを癒すことのできる偉大なエネルギーが備わっており、ホメオパシーはそのエネルギーを最大限サポートすることを目的としています。

クラシカルホメオパシーについて正しくご理解いただけるように、基本的な理論をご説明します。

「同種が同種を癒す」〜類似の法則〜

同種が同種を癒す イメージホメオパシー(Homeopathy)の語源である「omeo(ホメオ)」はギリシア語で「同類・類似」、「pathos(パソス)」は「病気・苦しみ」という意味です。つまりホメオパシーは「病気と同じ作用をもたらすもの(同種)によってその病気を癒す」という意味があり、「同種療法」とも呼ばれています。

一方、現代医学などは病気と反対の作用をもたらすもの(異種)を用いることで症状を抑えるため、ホメオパシーの用語では「アロパシー(「allo(アロ)」は「他の」という意味)」(異種療法)と呼ばれています。

例えば、アロパシーでは、熱が出たら解熱剤、頭痛なら頭痛薬(鎮痛剤)といったように、症状と逆の効果をもたらす薬によって症状を抑えるという対処をします。
しかし、ホメオパシーではまったく逆の考え方、逆のアプローチによって対処していきます。
熱が出たら熱を上げる効果をもつレメディー(ホメオパシーで用いる薬のようなもの)を与え、本来の治癒力を活性化して病気を解放し、癒しをもたらすのです。

ホメオパシーの創始者であるハーネマンは、自らの身体で実験を繰り返し、この法則(類似の法則)を発見しました。当時マラリアの治療に有効であるとされていたキナの皮を実際に服用したことが始まりでした。ハーネマンがキナの皮を服用するとマラリア特有の症状が現われたのです。本来マラリアを治すはずの薬を健康な人間が服用するとマラリアと同じ症状が現われるという実験結果はハーネマンに衝撃を与え、ホメオパシーの原理を体系的にまとめあげるきっかけとなったのです。

Topへ戻る

バイタル・フォース

ホメオパシーでは、症状と同じ作用をもたらすレメディーを与え、本来の治癒力を活性化し、症状を改善します。
化学物質ではなく動物、植物、鉱物といった自然の成分からできているホメオパシーのレメディーは、その成分を水に溶かして希釈し、振とう(激しく振る)するという工程を繰り返し、その液体を砂糖粒に染み込ませて作られます。元々あった物質の分子が1つも残されていないほど希釈されているにも関わらず、副作用なく効力を発揮します。
ハーネマンは、自然界にあるすべての物質には、何らかのエネルギーが密かに備わっており、物質を的確に扱えばこのエネルギーを有効に使うことができると考えました。そして、その自然物のエネルギーがレメディーに転写されているならば、それが作用する人間の生体にも何らかのエネルギーがあると考え、それを「バイタル・フォース(生命力)」と名付けました。

19世紀に活躍したアメリカの医師ジェームス・タイラー・ケントはバイタル・フォースの特性について『Lectures on Homeopathic Philosophy』という本のなかで次のようにまとめています。

  1. 自発的に形を組織する作用がある。すなわち人体の有機的統一を自ら形成することができる。
  2. 創造的作用がある。つまり身体を絶えず再生し作り出している。もしバイタル・フォースが消滅すると、身体はたちまち分解し消滅に向かう。
  3. 柔軟性がある。言い換えれば、秩序正しく流れもすれば乱れたまま流れもするし、病気であっても健康であってもその状態に応じて流れている。
  4. それが属する肉体を統一し、コントロールする。
  5. 適応能力がある。人には環境に適応する能力があることに疑いはないが、ではその人の何が適応するのであろうか?死体には適応能力はない。思うに、寒暖・乾湿などあらゆる状況下において機能するのは、バイタル・フォースがまず環境に適応するからである。

私たちは、室内の気温が下がったら上着を羽織ったり、身体の疲れを感じたら休んだり、あまり意識せずとも環境の変化に柔軟に適応しています。これもバイタル・フォースの働きなのです。

Topへ戻る

病気の原因

ハーネマンは、自らが発見したホメオパシーの法則について著した「オルガノン」という本の中で「人が病気になると、生命に害を及ぼすエネルギーによって生体のいたるところに存在するバイタル・フォースの調子が狂わされるのである」と述べています。
つまり、病気の原因は微生物やウィルス、細菌などの生化学レベルにあるのではなく、それらが持つ悪性のエネルギーによって、人間のエネルギー(バイタル・フォース)が乱されることにあるということです。

人間はさらされる細菌の種類と数によって病気になるのではありません。
インフルエンザや肺結核に感染した人と同じ場所にいても、感染しない人は大勢います。逆に、もっとも健康に良いといわれている環境にいて、食事や運動、睡眠など生活のあらゆる面に注意を払っていても感染症にかかる人もいるのです。

病気は、外部からの悪影響と本人の感受性という2つの条件が満たされたときに起こります。
例えば、花粉症のような「アレルギー症状」は、特定の物質に対する感受性がある人の場合、微量であっても激しい反応を引き起こし、耐えがたい苦しみをもたらします。花粉がどんなに飛んでいても、花粉に対する感受性が無い人にとっては何の問題もありません。

ホメオパシーの目的は、細菌を殺すことではなく、細菌による悪影響を受けない状態にすること、つまりその人の感受性を減らすことにあるのです。

Topへ戻る

病気に対する考え方

病気に対する考え方 イメージ

ホメオパシーでは、外部からの悪影響と本人の感受性によって、その人のバイタル・フォースが乱れた結果病気が生じると考えます。

人間は生きていく上で常になんらかの外的、内的なストレスにさらされていますが、これまでご説明してきたように、バイタル・フォースの働きによって環境に適応し、生体を正常なバランスに保っています。
しかし、外的、内的なストレスが強い場合、バイタル・フォースが乱れ、生体のバランスが崩れた結果、様々な症状が現れます。 ホメオパシーにおいて症状とは、生体が元々持っているバイタル・フォースという自己治癒力によってバランスを正常に戻すために引き起こしている作用であると捉えています。病気の原因を身体から追い出すために戦っている状態です。
例えば、高熱が出たのであれば、その人が正常なバランスを取り戻すために熱を出していると考えます。そのため、類似の法則に基づいて「熱を上げる効果をもつレメディー」を与え、バイタル・フォースの働きを後押しすることによって治癒をもたらすのです。

ホメオパシーでは、症状を抑えて取り除くのではなく、症状を解放することを目指しています。
症状を化学薬などで無理やり抑え込んでしまうと、バイタル・フォースを弱め、生体のバランスがさらに乱れていきます。その結果、大きくなったバランスの乱れを元に戻すために、より深刻な病気を引き起こす可能性があります。

Topへ戻る

ホメオパシーのコンサルテーション

クラシカルホメオパシーでは、現在のクライアントの状態に適合したレメディーを選ぶために、ホメオパスによるコンサルテーションが行われます。

クラシカルホメオパシーの場合、病名に基づいてレメディーを選ぶことはありません。例えば「花粉症」でお悩みの方が10人いても、10人それぞれに異なるレメディーが必要な場合もあります。

ホメオパシーは「人間は身体・感情・精神から成っており一個の完結した存在である」というホリスティック療法の基本的な考え方に基づいています。人間は皆異なる個性を持っており、一人一人の症状はすべて異なるため、「病気ではなく人をみる」のです。

Topへ戻る

1回に1種類のレメディーという原則

ホメオパシーでは、症状と同じ作用をもたらすレメディーを与え、バイタル・フォースを活性化することによって、症状を改善します。
その際、最も重要な原則の1つは、1回に1種類のレメディーのみを処方するというものです。

≪ヴィソルカス教授の著書『新しい時代の医学 ヴィソルカス教授のクラシカルホメオパシー』からの引用≫
「過去何十年ものあいだ、ホメオパシーは誤った方法で実践され続けてきました。例え時間がかかっても、患者に合ったレメディーを一つ選ぶというのが本来あるべき姿です。が、それを一度に10、15、または20ものレメディーを処方し、そのうち一つでも当たればいいというような方法がとられてきたのです。」
「様々なレメディーを足していって必要な症状を作り出すというような量の問題ではなく、質の問題なのです。もともと、それぞれのレメディーは全て質(周波数)が異なるのですから、それを全部一緒にしたら互いに不調和が生じてしまうのです。」

ではなぜこれがそんなに重要なことなのか、車のカーナビに例えて考えてみましょう。

車の運転をしていて、目的地にいくまでに道に迷ってしまったとします。その時にカーナビに目的地の情報をインプットすれば、車は最適なコースで目的地に辿り着くことができます。

これと同じことが人間にもいえます。車を人間とすると「道に迷った状態=生体がバランスを崩した状態、つまり病気の状態」です。このとき「目的地=健康な状態」に辿り着くためには、そこまでの道筋を示す正しい情報が必要です。その正しい情報を与えてくれるものがレメディーなのです。
正しいレメディーが処方できれば、生体は自らの力で健康な状態に辿り着きます。

重要なのは、「正しい」情報を「1つだけ」与えるということです。車の運転でも、次の交差点を直進なのか、右折なのか、左折なのか、もし一度に複数の違う指示が与えられたら混乱してしまいます。生体についても全く同じことが言えるのです。

このように、人間の生体が自ら健康に向かって進んでいくのをナビゲートするのが、クラシカルホメオパシーのやり方です。
「正しい」レメディーを「1回に1種類」だけ処方するという原則がいかに理にかなったものであるかがご理解いただけると思います。

≪ヴィソルカス教授の著書『新しい時代の医学 ヴィソルカス教授のクラシカルホメオパシー』からの引用≫
「断片的な知識を振りかざし、原理原則などまったくおかまいなしに治療するホメオパスはたくさんいます。こういった人々は、ホメオパシーのレメディーを使いこそすれホメオパスの名に値しません。劣悪なホメオパシーの治療は、毒性の強い薬を使うアロパシーのような害はありませんが、それでもバイタル・フォースを大きく乱す危険性があります。誤った治療が長期に及べばバイタル・フォースは混乱し、熟練したホメオパスでさえ患者を治すことができなくなります。」

Topへ戻る

治癒のプロセス

ホメオパスによって選ばれた正しいレメディーを摂取すると、治癒のプロセスにおいてアグラベーションとよばれる「一時的に症状が悪化する」反応が起こる場合があります。場合によっては、頭痛、咳、皮膚の発疹、体のだるさ、異常な眠気、以前持っていた症状の再発など、かなり激しいアグラベーションが起こります。アグラベーションは、正しいレメディーを摂取し、バイタル・フォースが強化されることによっておこるため、ホメオパシーにおいては好ましい反応であることを、ホメオパシーのコンサルテーションを受けるクライアント自身も理解しておく必要があります。
ホメオパシーでは、初めてレメディーを摂取したあと、大まかにいって、以下の4つのいずれかの方向にそって症状が消えていきます。

治癒の法則

  1. 中心から外側へ
  2. 上から下へ
  3. 生命にとって重要な器官からそうでない器官へ
  4. 発症したときと逆の順序で。つまり最初に出た症状が最後に消える。

Topへ戻る

ホメオパシーとアロパシー

クラシカルホメオパシーは、アロパシーを否定したり対立したりするものではありません。
アロパシーがそうであるように、ホメオパシーもまた万能ではありません。アロパシーの治療を受けながら、併用してクラシカルホメオパシーを用いる場合や、クラシカルホメオパシーを受けながら、身体の状態や治癒の程度を病理学的に把握するために、医学的な診断技術を用いる場合など、ケースに応じて連携をとりながら、最善の対処を行っていきます。

Topへ戻る